泥棒

どうも、非常にでっかい台風が上陸するらしい。防災リュックから懐中電灯を取り出し、湯船に水を張っておく。物干し竿は地面に置いて、スマホで気象情報をだらだら眺めている。南九州に住む親戚たちが心配である。 彼らの住む街の川が氾濫しそうになったり大…

考えられなくなる薬

それからも憂鬱な日々が続いている。区民センターで筋トレをして、自炊も頑張ってみるのだけど、決して満たされることはない。夜はやっぱり気が狂いそうになる。毎晩薬を飲んで目が虚ろになる。ネットで調べたら、今飲んでいるメイラックスは依存症や離脱症…

区民センター出向

前回の日記から20日経過、ようやく書く気になったが何から書こうか。時が経っていくほど、順序立てて書くのが面倒くさく感じてしまう。 盆明け、なんとか火水の2日間働いた。ただ、徐々に蓄積されていた漠然とした怯え、恐怖が生活に支障をきたすようになる…

温泉地と夕立

盆休みを迎える。初日、いぐっちゃんに連れられ新今宮や針中野を歩く。「本のお店スタントン」さんで本を買って、阿倍野橋の近鉄百貨店の占いに連れてかれる。僕の研究室時代の同期たちといぐっちゃんが東京で会った時、同期たちは僕の恋愛運が気になるとし…

心をすり替えられた人

てきちゃん、28歳になる。特に、何も起こらず。おそらく来年からいろいろと焦り出す。 朝夜のストレッチをほぼ欠かさず行い、首・肩のコリがかなりほぐれてきた。各部分の可動域の変化に気づいては驚く。息を吸うにも以前のような重苦しさは無く、ハッカのよ…

二重生活

尼崎の銭湯「第一敷島湯」さんで開催の古本市に出店。僕たちのブースは女湯の更衣室。並べた本の向こう側に湯船が見える、非常に不思議。対話型鑑賞ファシリテーターとして活動されている白旗幌(しろはたほろ)さんと一緒にタイル絵を鑑賞したり。同じモチ…

五百日坊主

お久しぶりです。てきちゃん漂流日記です。 2週間ほど前に、会社の同期が用事で関西にやってきたので京都を案内した。広大な京都御所から西へ向かって枯山水庭園で有名な龍安寺。フランスパンが上に載ってチーズがとろり、意味不明だが妙においしい謎の天下…

27歳の人生設計

「後で後悔するなら、この欲望は今日のところは勘弁しといてやろう」 このマインドを胸に抱いて、仕事終わりのお酒やラーメンを避け続ける。それだけでみるみる痩せて、頬の膨らみが元に戻る。胃腸炎が回復してからも、腹八分を心がける。 仕事に打ち込み、…

呪いの解き方

ウイルス性胃腸炎の腹痛でここ数日はベッドに沈んでいた。心がなんだかピンと張り詰めているような心地が止まらない。親友に「自分で自分に呪いをかけちゃダメ」と言われる。「やっぱり呪いかけちゃってんのかなあ」、ポツリと言葉が出る。 頼んでいた神谷美…

てきちゃん散々日記

月曜の朝、玄関を出て会社に向かう。朝っぱらからやけに暑く、頭の上からゆらゆらと湯気立つような感じがする。コンビニで昼食を買い、タイムカードを切ってデスクに座る。 頭がぼーっとして何も考えられなくなっている。熱中症かな、夏バテかな。休職直前の…