頭がヤバい客

規則正しい生活を取り戻そうと昨夜は24時に入眠した。しかし2時に目覚めて4時まで眠れず、結局11時起床の朝寝坊である。9月からほったらかしていた髪を整えるためいつもお世話になっているヘアサロンへ向かった。

去年4月にこの街へやってきた僕はお気に入りのヘアサロンが見つからず、ホットペッパービューティーを見てはヘアサロンを転々としていた。髪を切っている時の会話が気まずくて苦手である。芸能人などの話題に非常に疎く、会話が噛み合わないし興味がないので面白くない。12月に今のヘアサロンへ行ってみたのであるが、スタッフのYさんが好奇心旺盛な方で僕の話に凄く興味を示してくださった。つい饒舌になり指先に電気を流して音を出す謎のロシアの電子楽器を購入した話、自分の顔でLINEスタンプを作って生計を立てようとしている話など喋りに喋ったら「今年一番頭がヤバかった客」に選ばれてしまった。それ以来このヘアサロンに通い続けている。

ヘアサロンでいつも通り丸みを持たせたふわっとした印象のまま髪のボリュームを減らすようにお願いし、双極性障害になって休職していること、彼女と別れちゃったこと、引きこもってゲームや読書に耽っていることなど近況を報告した。「謎の知識を豊富に持っていらっしゃるのでブログとか始めたらいいじゃないですか」とYさん。行動が見抜かれていた。

少年ジャンプやらGoToキャンペーンから旅行の話題になり、「富山県には散居村という1つ1つの家が散らばっている日本では珍しい集落形態があり、集落界のソーシャルディスタンスと巷で言われている。高台から散居村の風景を見てみたい。」だとか、「岡山市南部にダイヤモンドグリッドの田園地帯があり、田んぼが菱形になっている。田植えや収穫が手作業だった頃は困らないであろうが、農業機械を使うとどうしても鋭角の細い空間で不都合が出るのではないか。大学の先輩がこの土地を発見したのだが気になるので行ってみたい」だとか色々話した(髪切る時に話す内容か???)。

Yさんに「もういっそYoutuberになって各地の気になる場所を調査するのもいいんじゃないですか」と言われ、そうかもしれんという気になってきた。Yさんはいろんな可能性を僕に見せてくれる。

髪を切り終え今年一年ありがとうございましたと挨拶を交わし、LOFTに行ってルームシューズを買ってきた。自宅の床はあまりに冷たい。LOFTに銀魂ブースが設けられており、高橋瞳×BEAT CRUSADERSのウォーアイニーが流れている。懐かしい。

その後、以前の日記で書いたように焼肉ライク教に改宗するため近くの焼肉ライクに向かおうとするが、店員に1人であることを伝えるフェーズがあることに気づき足取りが重くなってきた。それでも向かうが目の前に天下一品が現れる。爆音で流れるサイサイのテーマソングとともに「我を差し置いて焼肉を食らう気か」とこってり不動明王がこちらを睨んでいるような気がする。結局こってりを食べた。バテレン追放令・禁教令・廃仏毀釈、そんなことは僕にはできなかったのである。