ただ住んでるだけ

見ないふりを続けて半月、期限が近づいていく。住民税の振り込み用紙とにらめっこ。その額、約7万円。払うのが面倒でジリジリと日は過ぎていく。封筒に書かれた「納税で 住みよい まちづくり」が気に入らない。ちっともリズム良くない。七五調じゃないと夏井先生もお気に召さないと思う。

 

【ここで一句】

納税で あなたのまちは マジハッピー

 

さりとて振り込まないとクレジットカードの信用情報に傷がつくらしい。期限ギリギリで泣く泣くコンビニで振り込んだ。口座のお金も少しずつ減っているので結構痛い。来年度から家賃補助も無くなるので、家計簿をきちんとつけるべきな気がしてくる。おそらく衝動でぶち込む外食費さえ削ればなんとかなる。Uber Eatsでビッグマック食っとるからや。そう気づいて、今Uber Eatsのアプリを消した。さよなら。

リアル3区の『住民税が私を殺す』という曲は「ただ住んでるだけ」という歌詞が連呼されるのだけど、気持ちがわかってしまった。でも公共サービスの維持は大事ですので...今日は区役所でマイナンバーカードの申請でお世話になったし。

ああ、買ってもいない宝くじが当たらないかなあとぼんやり考える。

 

住民税が私を殺す / リアル3区


https://youtu.be/VNKqy0JfGW4