魚屋アジト

久々に実家に帰る。弟の受験が終わったのでプレゼントとして図書カードを渡す。これで面白い本買って読むべし。合否発表がまだだけど、手応えはあるらしい。まあ大丈夫ちゃいますか。合否発表がまだなのに家探しなあなどする必要があり大変そうだった。

ひとまず受験お疲れさん、てきちゃんおかえりなさいということで晩ごはんはピザになった。その次の日は鍋だった。大好物、ありがとうございます。帰省するたび夕食がてんこもりなので身体が重くなる。

実家に帰ったら恒例行事がある。アニメをよく見る父に今期の面白いアニメが何かを聞く。『呪術廻戦』らしいです、皆様。

 

実家では読書や日記執筆をしながらゴロゴロ過ごす。昨日『フラワー・ガーデン』という名の日記を書いて達成感に満ち溢れた。思考をここまで明快に言語化できたのは初めてだと思う。明らかに感触が違う。身体から力がフッと抜ける。なんだかエンド・ロールが流れている気がする。パトラッシュと名画を見ていたら上から天使がやってきた気分であるが、まだスタート地点である。やるべきことはいろいろある。追い返した。

 

本棚を漁って掘り出し物を見つける。1つは、僕のお面。僕といえばこのお面だが、19歳の頃のお面なので今と顔が少し違う。もう少しほっそりしてた頃のお面である。BEAT CRUSADERSというお面を付けたバンドのコピーをした時に、友人にメンバー全員分の本家オマージュお面をデザインしてもらった。日記のアイコンなど至るところでこのお面を使っているが、許可とったっけと不安になったので先日友人に確認したら全くもって大丈夫とのこと。良かった良かった。


f:id:labotekichan:20210316205736j:image

2つ目はロックバンド相対性理論のレコード『ν TOWN AGE(ニュー・タウン・エイジ)』。初回生産限定だったので今では結構レアと思われる。45回転重量盤3枚組レコード、仕組みはさておき音質がめちゃくちゃ良い。歌いだしの息づかいの音でドキッとする。マジでドキッとする。ボーカルのやくしまえるえつこが目の前にいる感じがする。サウンドエンジニアのマジック。何故この名盤をずっと実家に置いていたのだろうかと思う。


f:id:labotekichan:20210316212022j:image

実家には2泊3日滞在した。双極性障害のことも家族にあれこれ伝えた。コツコツ書いた日記で言語化できている分、伝えるのが非常に楽。なんとかなりますわんと宣言。久々にポジティブな姿を見せたと思う。心配ばかりかけて申し訳なかったですが、なんとかなります。

掘り出し物をキャリーケースに詰め、自宅に帰る。新幹線はあまり好きではない。車内で本を読むには所要時間が短すぎる。なのでじっくり長く読める近鉄特急で帰る。調子に乗ってひのとりプレミアムにしてみる。リクライニングが無重力感覚、マジで最高。1時間ほど読書したが、残り1時間はぐっすり眠ってしまった。

 

先程、自宅に無事到着。大学の研究室の先輩にLINEを返す。福井県の最西部の高浜町でイベントがあり、フリーマーケットもあるらしい。そこで一緒に古書店をしないかというお誘いであった。アイリッシュ音楽のヴァイオリニストもいるらしい。どういう関係かよくわからない。即興でピアノは弾けないが、誰でも簡単に即興で音楽を奏でることができるマシンを持っているのでそれを持っていこうかな。朝のめまいによっては旅館でグロッキーになっているかもしれないが参加すると伝えた。

先輩の家はシャッター商店街の魚屋跡地である。そこで商売をするという条件でタダ同然で住んでいたはず。でも商売してないよな...当時使われていた発泡スチロールや水槽がそのまま残っている。商店街の寝具屋でシーツを買って、それをスクリーンにしてパワポを投影して研究室のゲリラゼミを数回したことがある。年の瀬だったかな、魚屋の前で餅つきをして餅を食らっていたら、隣のライブハウスの物販のカレーを餅にかけたら最高に旨いことに気づき、ライブの出演者含めなんか騒然とした。事件だった。そういう意味不明だけど偶発的で面白い「場」を作りたいと思っていた(そういう訳で以前書いたように就活の時もPARCOを狙っていた)。

元々は魚屋跡地を舞台に2人で古書店をする予定だったが、僕が引っ越しすることになりおじゃんとなった。場所はかなり北の高浜町にはみ出したけど、人と人・モノの偶発性で何か面白いことが起きちゃう楽しい「場」を作ってみようか。思考も大事だが、実践が大事。

 

しないといけないことが増えてきたか。とりあえず昨日の『フラワー・ガーデン』に書いた構想を現実のものとするため、クロッキー帳にいろいろ書いて会社に持っていこう。