タスクの海

2周目の鬱がやってきた!どうしよう、心が苦しい!

 

と言うとりますけど、1周目の鬱の初期に比べたらめっちゃ動けている。心も「なんとかなるやろモード」にやや戻った、不安だけど。自分自身の要因だけを見てくよくよしても何も始まらない。

去年の11〜12月頃(1周目の鬱のピーク)は本当にひどく、1日でできることは洗濯もしくは掃除のどちらかくらい。食事は動けたらコンビニで購入、もしくは自宅にやってくるUber Eats、気力が無ければ絶食。その生活スタイルの中、引きこもってポケモンを1日10時間くらいする。今思えばゾッとする(ポケモンは悪くない)。

2周目を進む今日は、7時に起きてちょっと深呼吸して朝食を摂る。洗濯・読書して、外に出て90分散歩する。帰宅して昼食、直後2時間昼寝(爆睡)。起きて本屋で買い物した後、2時間資格の勉強、その後筋トレ、夕食、読書。めちゃめちゃアクティブやないか。

生活のハードルを勝手に上げすぎている。もっと自分を褒めるべしと改めて感じた。ただ、疲れたら休むべし。

 

何かと1日1万歩を歩きましょうというのを見聞きする。せっかくスマートウォッチを手に入れたのだから、腕に付けていつもの散歩コースを歩こうと思った。たんぽぽが咲いてほのぼのしている。桜の季節もそろそろか。


f:id:labotekichan:20210320203023j:image

ちょっと楽しくなって都市計画に取り残されたような寂れた商店街に寄り道したりして、無理やり1万歩にする。1万歩、これはかなり大変だ。結構遠い街までやってきた。初めてこの場所を歩いたけど、高台から見下ろすなんの変哲もない風景が好きになった。

寄り道したファミマの広告で友近が写っている。演歌を歌っている時は「水谷千重子」名義なのは知っているけれども、コンサート・チケット情報にもその名がドンと出ているのがシュールでシュールでたまらなかった。

f:id:labotekichan:20210320202851j:image

 

本屋ではフレデリック・ラルーの『ティール組織』を買ってきた。以前紹介した『U理論

』の後継者にあたるような本か。ちょうどU理論の要約版を読み直したところだったので買ってきた。

昔に参加したインターンシップのグループワークで、メンバー4人の目的意識、モチベーション、知識、プロセス、アウトプット全てが噛み合ってアイディアの発案・改善がとてつもない速さで進んだ経験がある。制限時間3時間で施設のコンセプト、おおまかな平面・断面図、収益構造、施設のロゴマークまで決まっていた。奈良の有名な高速餅つきみたいな感じ。高速でブレることのない議論がえっさほっさとどんどん進む。そして何よりも楽しい。リーダーはいないけど自発的に手を動かし、分担したかと思えばまた議論・共有・フィードバックするような形で有機的に進んでいく感じ。それを体験してから、それをどうやって再現できるのかが心のどこかで突っかかっている。かなり高次元なことをしていたと考えられるあのミラクルをどうやって叩き出すか。部署内の研修ミーティングの企画者になった時もそれは念頭にあったが、再現するのはなかなか難しいと感じた。というようなことを考えて、以前から読みたかったので買ってきた。600ページくらいある、大ボリューム。

 

話を元に戻すと、その後、Youtubeを見て10分筋トレをした。太ももが大爆発した。お寺の床拭きみたいな運動、あれ本当にヤバい。明日はパソコンも届くし絶対筋肉痛だし引きこもることにする。

 

というような今日の活動を俯瞰、過去と比較すると、明らかにアクティブになっている。一方で、動きすぎてタスク管理の必要がある気がする。鬱の時は好奇心を持って周囲に触れるのが大事だと気づいたが、調子に乗ってタスクに溺れてはいけない、絶対に。頭の中でタスク管理しているけれども、視覚化したほうが間違いなく判断しやすい。

 

・資格の勉強

・読書

・散歩

・買い物

 

とバーって羅列して、楽しいか楽しくないか、緊急性があるかないかで4つの領域に分ける。それで優先順位をつける。

①緊急性があり楽しいことをひとまずやる

②次に、緊急性があり楽しくないことを渋々パパっと終わらせる。

③緊急性はないが楽しいこと、これが長期的視点で一番大事。緊急性のあるタスクをパパっと終わらせて、この楽しいことに時間をたっぷり割く。

④緊急性はなく楽しくないことは無視。そのうち時間が経つと②になる。

だったかな(書籍『7つの習慣』の内容だったはず)。各領域のタスクをホワイトボードに書いて、部屋のどこかに置いておくだけでも結構変わると思う。とりあえず2周目の僕は1周目の僕と一味違うことを目指す。

躁鬱ループの曲線を描いて、その下に1周目、2周目...の行動をざっくり記録すると、わかりやすく比較できて面白いんじゃないかと思った。各ループの特徴もあるんだろうねきっと。