5月、尼崎大作戦

4月上旬の福井県高浜町「USFES」で、いけそうな気がするぞと確信を得たゲリラ古書店フジモテキ。「USFESの名物になりそう」と嬉しいお言葉もいただき、次回も絶対参加するぞと熱い想い。僕と藤本さんで今後も活動していきましょうと合意。これからはUSFES以外のイベントにも出没して、活動の維持継続(出店に関する諸事項に慣れる)、そして緩やかな発展(徐々に新しいことをする)を目指す、要はゲリラ古書店修行をしていく。

 

しばらくして、藤本さんから5月開催のフリマのお誘いがやってくる。場所は兵庫県尼崎市北部。

 

研究室のメンバーたちがいつのまにか尼崎市北部の畑で井戸を掘ったり、なんか様々な(謎めいた)ことをしている。スティールパンの演奏に合わせて耕したり井戸掘りもしていた覚えがある。藤本さんもその活動に参加しており、それつながりで畑の近くのフリマである。フリマのチラシのPDFが届く。ざっと眺めて、思ったことは1つ。

「カンフーマスターショーが気になるな...」

このカンフーマスターは何者ですかと聞いたところ、どうやらカンフーマスターも、さらにマスターの師匠(めっちゃ強いらしい)も研究室メンバーと一緒に井戸を掘ったりしているとのこと。中国四千年の土木技術、ここに見参。

 

そういえば、フジモテキのツイートを見て「参戦したい!」と言っていたので研究室の後輩いぐっちゃんも誘う。いぐっちゃんの研究フィールドもちょうど尼崎。いぐっちゃんなら僕・藤本さんの守備範囲からはみ出したことをたくさん知っている、つまり面白い本を持っているはず。フジモト・テキ・イグチの名前を組み合わせて、藤本さんが姓名判断サイトの入力欄に放り込む。画数などを比較した結果、ゲリラ古書店フジモテキイグチが誕生。

 

フリマ出店計画を進めていくが、どうやらテントが争奪戦になっているようで青空の下で出店しないといけない可能性があるらしい。ちょっと不安だ。どうしたものかと思っていたところ、JR尼崎駅前のあまがさきキューズモールで同月別日に開催されるフリマを発見したので2人に共有。募集要項をよく見ると、運営の代表者が藤本さん・いぐっちゃんのお知り合いだった。なんなら、いぐっちゃんの研究で確かお世話になっていた方だったような。世間は超狭い。

 

現在いろいろと水面下で準備中。本当にいろいろ動いてます。両方のフリマに出店する予定だけど、僕は今名古屋に住んでいるので、姿を現すなら片方かな。体調の問題もあるけれど。

いろいろ固まり次第、また報告します。