忘れている記憶

もどかしい日々が続く。

 

チューペットを割ることに失敗し続けている。割ろうとするとビニールの容器がミョーンと伸びて綺麗に割れない。ほんの少しだけ開いており、そこから溶けた内部が漏れ出してくる。仕方ないので分離せず中途半端なまま、2本とも口の中に入れてフガフガ言いながらゆっくり溶かして食べる。冷たくてくちびるが痛いが仕方ない。これを風呂上がりに繰り返しており段々情けなくなってくる。

 

少年時代に築き上げたチューペットに対する経験と知恵がどこかに消えてしまった。

 

Youtubeで「チューペット 割り方」と検索し、研究に研究を重ねる。結果、勢いでおりゃーとやれば割れると判明。今までの僕は筋力と勇気が足りなかったのだ。

 

今日のおやつと冷凍庫から1本取り出し、おりゃーと力を入れると見事真っ二つ。こみ上げる達成感。これを口に入れてフガフガ言いながら、日記を書いている。