交差点の手前で

いつの間にか誕生日を迎えていた。御年27歳。

 

18歳の誕生日まではプレゼントが楽しみで、20歳になるまではお酒が早く飲みたいと逸る思いで、20歳になってしまったが最後、特に感慨深くもなくダラダラ酒を飲むようになった。ここ最近は、視界の先に三十路街道の交差点がうっすらと見え始め、三年峠を転んで転んで先延ばししたい思いばかりが募る誕生日だった。しかし、今年はなんだか違う。30歳になるまであと3年。まだまだ時間があるような気がする。20代のうちに面白いことを目一杯探さねば。そんな気持ちになっている。

 

とはいえ、躁のピークは過ぎ去って、ここからは鬱になっていく。これまでの経験を踏まえ、なんとなく予期できるようになってきた。睡眠やめまいも予兆にはなるが、今まで気にしなかった他人の嫌な面が鼻につきやすくなり始めると、それが始まりの合図でダウナーになる気がする。

だから、これからしばらくは異なる戦法を取る必要があるように思う。委託販売交渉による戦線拡大は緩やかなペースにして、日記の梱包・出荷をメインに据える。近所の店へ段ボールを買いに行き、家に帰って本を詰めて、郵便局へ出荷する。その場しのぎかもしれないけど、外出する習慣を作る。睡眠のリズムはぐちゃぐちゃかもしれないけど、ルーティーンをそれなりに整える。鬱の状態でも、日々の作業をゆるりと持続させる、断絶させない。これが今後の目標。

 

とはいえ、8月はゲリラ古書店フジモテキイグチでフリーペーパーを制作する予定なのでどうなることやら。27歳、ゆっくり頑張るつもりです。