てきちゃん紛失日記

社員証を失くす。

 

駅の改札を出てから、パスケースをズボンのポケットに入れて自転車に乗った。ドラッグストアに寄り道して、家に帰った時にはパスケースがポケットから消えていた。大切にしていたパスケースだったのでショックを受ける。福祉特別乗車券もその中だ。困ってしまう。

翌日よくよく記憶を辿ってみると、パスケースに社員証を入れていたような気がする。家の中を探してみても社員証が見つからない。最後の出社から1年以上経っているが、間違いなくそこにあると確信する。やらかしてしまったと冷や汗をかく。入館証は別のケースに入れていたのが不幸中の幸いだった。

慌てて警察署に行って届け出る。しばらく待つが連絡は無し。参ったなと思いながら総務の方に社員証紛失の件を恐る恐る報告する。全く怒られることなく再発行していただけることになり、拍子抜けする。申し訳なく感じる一方で、さてはみんな結構紛失しているなと思った。

 

不動産屋から契約書類が届く。あまりに分厚いクリアファイルが届いたので心折れそうになるが、実際に手を付けてみると意外とサクサク進む。数々の書類に名前や住所を記載して判を捺す。記入すべき箇所に前もって付箋が貼られているのがありがたい。

銀行届出印を取り出そうと引き出しを開けてみると、これまたどこかに消えてしまっている。さすがにまずいかもしれない。20分ほど探すが見つからない。むむむと悩んで、先日の内覧の際に必要かなと感じて持っていったのを思い出す。どこに入れたっけ。その時に持っていったもの全てのファスナーを開けて探す。筆箱の中から無事発見。オフィスで寝泊まりするところだった、危ない危ない。

 

それからは比較的にトントン拍子で進んでいき、引っ越し業者さんや管理会社とのやり取りを進めて、引っ越し日や退去立ち会い日が確定する。それなりに忙しい日々を送る。

梱包用の段ボールがついに明日届くらしい。500冊程の大小様々な本を詰め込む作業がいよいよ始まる。「本・ひとしずく」さんでお手伝いしてたから、お茶の子さいさいと信じている。