図書委員

4週間目も頑張りましょうと前回の日記に書き、あっという間に4週間目が終わっていた。平日の夜、一緒にお散歩していたらなんだか楽しくなって、そんな流れで漂流日記にも登場したとある方と付き合うことになる。4週間目ラストの金曜日には、今後の計画を描いたクロッキー帳を持って社長と面談。本を制作したこと以外の休職中の出来事を正直に白状する。面談が終わって昼休み、前の部署の上司が本のことをベラベラ喋っていたので社内に筒抜けとなっている可能性が高く、もう内緒というものではないのかもしれない。そんな感じの激動の1週間、湯船に浸かって疲れを流す。

 

土曜日、池田市まがり書房さんプレゼンツ「まがりなりにも古本市」の搬入。こちらは2階特別ブースに2週間常設。Amazonで買った折り畳みコンテナと本を抱えて阪急に乗る。いぐっちゃん、通勤ルートの癖で間違って逆方向の電車に乗る。書籍版漂流日記でもお世話になっているまがり書房さん、初めて伺いましたが品揃え最高、8冊ほど購入。今後も足繁く通いそうに思う。

f:id:labotekichan:20220607204144j:image

帰り道に本町に立ち寄って、電動キックボード「LUUP」に乗ってみる。アプリからキックボードのロックを解除し、数回地面を蹴って右手のボタンでゆっくりアクセルバーを押すと進み出す。左ハンドルにある右折ボタンを押そうとして、間違ってクラクションボタンを押して本町の路地裏で爆音を鳴らす。阿波座からなにわ筋を北上、大阪梅田のグランフロントを目指す。法令上車道を走らなければならないのだが、時速15kmの鈍行で進むのは肝が冷える。福島・大淀・中津を迂回して1時間、8km程を走行して返却。大阪であればどの道が電動キックボードに向いているだろうか。広々としたみなと通が適しているような気がするが、研究の余地がある。

家に帰って漫画を中心に40冊ほど値札をつけて、キャリーケースに入れていく。毎度重みに耐えかねていたキャリーケースのタイヤがとうとう三角形になっている。転がすというより、ひきずる。

f:id:labotekichan:20220607204837j:image


f:id:labotekichan:20220607210600j:image

日曜日、いぐっちゃんと藤井寺市ASANOYA  BOOKSさんで出店。近鉄南大阪線土師ノ里駅集合としたが、いぐっちゃんが間違って手前の恵我ノ荘駅で降りてしまう。電車を乗り直したかと思えば今度は高見ノ里駅に逆戻りしており、こればかりは一生辿り着けないのではないかと頭を抱える。電話で行き方を伝え、なんとか無事に到着。

藤本店長は三重県尾鷲市有形文化財「土井見世邸」で開催の熊野古道一箱古本市に出店。なんと今日は2イベント同時出店。トンガ坂文庫さんのインスタで書評を書いている大学生の尾崎さんが助っ人となり、今日の尾鷲チームはフジモザキ。尾鷲は10時スタート、藤井寺は11時スタート。11時になって藤井寺チームはSNSに写真を投稿するが、先に始まった尾鷲チームの音沙汰が全く無い。電話して催促。30分ほど経っても全然投稿しやがらないので、再度電話しガチで説教する。あれだけ2拠点ゲリラだと宣伝しておきながら、いざ始まったらすべきことを放り出すのは貴様ぶちのめすぞと通告。副店長もなかなか大変な仕事と遠い目になる。

参ってばかりの朝であるが、怒りを鎮めて接客する。和室に本を並べ、座布団に座り、のんびり喋る。優雅な休日である。和室の向こうにいるのは小説メインの耳折文庫さん。1ヶ月集めてセレクトしたというそのラインナップに、高校生の頃の読書を思い出したりする。


f:id:labotekichan:20220607232214j:image

f:id:labotekichan:20220607210423j:imagef:id:labotekichan:20220607210437j:imagef:id:labotekichan:20220607210446j:image

玄関からお姉さんがひょこっと現れて、興味津々で本を見ていて、原宿ファッションスナップ写真集『FRESHFRUiTS』が視界に入ってしまって、パラパラとページをめくっては目をキラキラさせている。1万円ですと伝えると、買いますと即断即決。第1回USFESから全国を巡り巡って、もはやフジモテキイグチ皆勤賞のこの本が1年かけてとうとう売れてしまう。誇らしくも寂しい。記念写真を撮ってお別れする。持つべき方に出会えてよかったとしみじみ思う。こういうことがあるのでゲリラ古書店はやめられなかったりする。

f:id:labotekichan:20220607211154j:image

5週目の月曜日、疲れは溜まっているはずだが昨日の興奮でホンヤーズ・ハイになっておりテンションが高い。デスクのサイコロは「6」。安全運転で仕事をする。今週からは17時までのフルタイム勤務。午後、上司と100均ショップに行き、いろいろ購入し、会社に戻って配置を試してみる。上司と本のやり取りをすることが多いのだが、向かい合って座っているため相手が何を持っているのかわからないという状況である。これを改善するため、デスク境界付近にミニライブラリーを作ることに。なんなら他のメンバーも巻き込みたいが、思惑通りに事は運ぶだろうか。

初日の感想は「この国は狂ってやがる」。やっぱり午後は眠くなる、9時から17時までの勤務、次第に慣れるのだろうが大変だ。スペイン支部シエスタ課を立ち上げたくなりながら家に帰る。仕事は体力を大きく消費するのだろうか、夜にドカ食いしてしまう。そしてお薬を飲んだらスピーっと寝てしまう。これはいけないことだろうと思う、健康的に。

今日は担当している資料制作にガッとアクセルを入れ、気づいたら17時。そんなものなのだろうな。