二重生活

尼崎の銭湯「第一敷島湯」さんで開催の古本市に出店。僕たちのブースは女湯の更衣室。並べた本の向こう側に湯船が見える、非常に不思議。対話型鑑賞ファシリテーターとして活動されている白旗幌(しろはたほろ)さんと一緒にタイル絵を鑑賞したり。同じモチーフなのに、男湯と女湯で少し印象が違うかったりするのが不思議。帰り道に光源レコードさんに寄って、大沢伸一の『Star Guitar』のレコードを買う。相対性理論の『ハイファイ新書』のCDも買うが、実家の収納にあるような気がする。どうだったか。

f:id:labotekichan:20220730220904j:imagef:id:labotekichan:20220730220917j:imagef:id:labotekichan:20220730220928j:image

大好きなStill Dreamsのレコードも家に届く。特に、3曲目の『Shameless』がめちゃめちゃ良い。ミステリアスな感じ。


New Life - Album by Still Dreams | Spotify

 

月曜日、聴覚機能処理障害(APD)の検査を受けに行く。右耳からサラッとしたノイズ、左耳からガンガンした爆音。4分程耐えると音が消えて、ホッとしていたら今度は左右交代。何を調べているのか皆目見当つかない検査ばかりでヘトヘトになる。

 

柳広司のスパイ・ミステリー小説『ジョーカー・ゲーム』を読んで以来、久々に小説にどハマりする。続編3冊も通勤電車や昼休みに没頭するように読む。昼休みになるとフロア内の照明が消えるため、デスクに卓上ライトを設置するか悩み中。

 

金曜日、検査結果を聞きに行く。案の定、ほぼ確実にAPDとのこと。月曜の検査では、中耳炎の後遺症といったAPD以外の可能性を消していくための検査だったらしい。どうりでなんのこっちゃわからないはずだ。APDとわかった上で症状の程度を調べる検査を8月にセット。この検査、どうも院内第一号とのことで、先生が若干興奮しているのが見て取れる。ちなみに、先生も事前にこの検査を試してみたが、様々な方向から同時にバラバラの言葉が聴こえてきたりして、終わった時には非常にぐったりするらしい。嫌だな。病院からそのまま会社へ、診察結果をメールで報告。

土曜日の今日、いつも通り朝6時に起きるが特にすることが無く時間をもてあます。ぼんやり動画を見ていたが、もったいないように思い始め、電車に乗って都心のコメダに行く。フジモテキイグチのインスタに書評を載せたり、少し読書したり。それからは西長堀大阪市立中央図書館で柳広司の『アンブレイカブル』を借り、帰宅する。

 

2階のロフトの押入れから段ボール箱を取り出す。名古屋時代にお世話になった、小豆島のTUGBOOKSさんから仕入れのご相談をいただいた。箱を開ければ中には希望冊数と同じ5冊の『てきちゃん漂流日記』。1冊ずつメッセージカードとセットで梱包し、別の箱に詰め込んでテープで封をする。この箱を郵便局から発送すれば、この家から漂流日記は姿を消す。昨年7月に完成して以降、丸一年かけて300部をちまちまと流通させたことになる。書店さん・読者さんの温かいご支援あっての漂流日記、不思議な出会いもたくさんあった。一方で、なんだか身軽な気持ちになる。心にポカンと何か空隙ができている。それを埋めるために、そろそろ続編を作るのだろうか。仕事の方は働き始めて3ヶ月足らずでまだまだヘッポコだけれども、心は安定してきたのかなという感じはする。打たれ強くなったというか、ほんの少しの泰然自若。仕事と並行して毎日コツコツと積み上げて作っていこうか。コツコツが苦手なタイプなんだけどな。本も読みたいしな、最近8時間は寝てるしな、スキマ時間を捻出しなければな。そういうのが苦手なタイプなんだけどなあ。日中はお仕事、夜は編集作業。近くに安いコワーキングスペースは無いかなあと思ったりする。

まあ明日から頑張ろうか、そういうことにして高松の土産で買った大好きな日本酒「讃岐くらうでぃ」を冷蔵庫から出して、グビッと2杯飲んで今夜はダラダラしている。